草の根・人間の安全保障無償資金協力に関する外部委嘱員募集のお知らせ

日本人会会員の皆様へ

在エジプト大使館より外部委嘱員募集のお知らせです。

「草の根・人間の安全保障無償資金協力に関する外部委嘱員募集のお知らせ」

在エジプト日本国大使館では、大使館との委嘱契約に基づき、大使館内において「草の根・人間の安全保障無償資金協力(以下、「草の根無償」)」(※)に関する業務に従事していただける方を以下の通り募集しております。応募を希望される方は、下記の要領に従って、応募期限までに必要書類を担当宛にご提出いただくようお願いします。

(※)「草の根・人間の安全保障無償資金協力」とは、ODAの一環として、非営利団体(NGO、病院等)が実施する比較的小規模で、人々の日常生活(草の根レベル)に直接裨益するプロジェクトに対して必要な資金協力を行うものです。最近実施されたプロジェクトの例としては、浄化・給水施設、診療所の建設、看護職業訓練所への機材整備などが挙げられます。詳細につきましては、下記URL(外務省HP)をご参照下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/kaigai/human_ah/index.html 

1.業務内容
草の根無償に関する非営利団体からの申請書(英語)の精査、案件形成に係る現地調査・非営利団体との連絡調整、実施済み案件のフォローアップ調査、関連書類の作成(日本語)及び整理、各種式典のアレンジ補助等。

2.契約期間
2015年3月中旬(応相談)~2016年3月31日
(勤務状況に応じさらに1年間の契約延長可)

3.勤務日・勤務時間
(1) 勤務日:毎週日曜日から木曜日までの週5日
(2) 勤務時間:08:30~17:00
(3) 休日:週休二日(金、土)及び大使館が定める休館日

4.契約金額
本人の能力、職歴等を勘案した上で、外部委嘱員制度の規定に基づき決定。

5.応募資格
(1)日本語及び英語による文書作成、交渉等の事務を行える能力があること。
それに加え、アラビア語の語学力があれば、なお望ましい。
(2)経済社会開発分野に関する一定の知識又は実務経験を有すること。
(3)日本国籍を有していること。

6.応募期限・応募方法
(1)応募期限:平成27年1月17日(土)まで
(2)応募方法:履歴書(日本語で作成。任意の様式。顔写真添付。職歴、日本語、英語、アラビア語のレベル、海外在住経験及び志望理由を明記。)を下記10.の担当宛Eメールにて送付下さい。
※ご提出いただく個人情報は、採用選考の目的の範囲内で利用します。なお、応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。

7.選考方法
(1)第一次選考:書類審査(1月末までにEメールにて結果通知)
(2)第二次選考:人物試験(1月下旬~2月上旬)

8.採用予定者数
 1名

9.留意点
(1)外部委嘱員は、委嘱契約に基づいて、草の根無償業務のうち一定の業務を委嘱されるものであり、在外公館員または現地職員として雇用または派遣されるものではありません。
(2)日本又は第三国から当地に赴き勤務する場合は、外部委嘱員制度の規定に沿って、当地までの渡航費用(ディスカウント・エコノミークラス最短航空賃(往路及び復路分)、空港使用料、査証取得料、予防注射接種料、支度料(往路分のみ)、移転料(往路分のみ))が、委嘱契約締結後に大使館から支払われます。また、住居費についても、限度額の範囲内で実費支給されます。
(3)委嘱契約であることから、通常の雇用契約に含まれる各種の待遇は適用されず、例えば、各種保険等にはご自身で加入していただく必要があります。また、ご自身の責任において、適切な入国査証を取得するとともに、滞在許可を得ていただく必要があります。
(4)外部委嘱員は、業務上知り得たことや情報に係る守秘義務が契約によって課されます。

10.担当
 在エジプト日本国大使館 担当:栗田
 81 Corniche El Nil St., Maadi, Cairo
TEL:02-2528-5910(代)
E-mail: gagp.ishoku@ca.mofa.go.jp  


年末年始の日本人会休館日

平素より日本人会運営にご協力いただきまして 誠に有難うございます。
年末年始の事務局の休館日は下記の通りとなります。

12月29日(月)~1月7日(水)

今年一年皆様のご協力誠に有難うございました。
来年の皆々様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
それでは良いお年をお迎えくださいませ。

カイロ日本人会事務局 (Cairo Japanese Club)



日本学術振興会カイロ研究連絡センター現代中東研究会(2014年度第4回)のお知らせ

日本学術振興会カイロ研究連絡センター現代中東研究会(2014年度第4回)のお知らせ

◆ 日時:2014年12月18日(木) 18:00開場 18:30発表 20:00懇親会 21:00閉会
◆ 場所:日本学術振興会カイロ研究連絡センター多目的集会室

◆ 発表:「エジプトにおける公的セクターの計画実施能力の課題」
松永 秀樹 まつなが ひでき (JICA エジプト・イエメン事務所長)
JICAエジプト事務所では昨年より、ブルッキングス研究所およびロックフェラー・ブラザー財団とエジプトの公的セクターの問題、特に計画実施能力上の課題に関する共同研究を行ってきた。ムバラク政権下で顕著になったのは、戦略、計画は多数策定されるものの、それらの実施がなされないという傾向である。その結果、GDPに占める投資の割合は30年間低下、経済成長にも大きな負の影響があった。今回のセミナーでは、共同研究によって明らかとなったエジプト公的セクターの課題および新政権に対する提言を紹介してみたい。

◆ 参加:参加者は、氏名を明記の上、発表(聴講無料)および懇親会(20LE)の申込内容を、メール(JSPSlecmet@gmail.com)あるいは電話・Fax.(02-2736-3752)に、発表日前日までにお伝え下さい(収容人数の関係上、参加者は40人までに限らせて頂きます)。
注)本会は事前に参加人数を事務局が把握し、懇親会は参加費支払型にしております。
添付⇒ 第4回現代中東研究会のご案内
**********************************
日本学術振興会カイロ研究連絡センター
JSPS Cairo Research Station
Flat no.4, 9 al-Kamil Muhammad Street
Zamalek, Cairo, Egypt
Tel. Fax. 02-2736-3752
**********************************