日本人会会長より

2019年度の日本人会会長を務めさせて頂くことになりました尾崎と申します。

カイロ日本人会は、エジプトに在住する日本人の親睦、情報交換、子女教育支援等を目的として活動している非営利団体で、会員の皆様から頂いた会費によって運営されています。1984年に設立され、1986年には日本人学校新校舎建設に関わる各種契約主体となるべくNGO法人としての登記を行い、これまで長年に亘り様々な活動を行って参りました。主な活動は、カイロ日本人学校の運営、秋祭り・運動会・ソフトボール大会等の行事の開催、パピルスの発行、日本人会事務所の運営などで、それらは当地の日本人の生活の一部にしっかりと根付いています。
エジプトは人類の至宝とも言える古代遺跡の宝庫であり、世界中の旅行者が憧れる歴史とロマンに満ちた国ですが、一方で、在住者にとっては生活面で不便を感じることが多い国でもあります。日本人会では、皆様の明るく楽しいエジプト生活の助けになるよう、さらなる活動の充実を図っていきたいと考えております。
また、エジプトの治安は昨今比較的落ち着いているものの、安全・安心の確保は、皆様の全ての行動において基礎基盤となることは言うまでもありません。安全対策については、日本大使館のご指導・ご支援を賜りながら、会員同士しっかり連携を取り、最優先で取り組みたいと考えております。
日本人会の運営は、基本的には理事並びに各部の役員を中心に進めて参りますが、会員の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
皆様一人一人にとって素晴らしいエジプト生活となりますよう心より願っております。

2019年4月吉日
カイロ日本人会会長
尾崎 隆英