SMS緊急連絡網について

                                                               2014年5月版
 カイロ日本人会のSMS緊急連絡網は、電話緊急連絡網を補完する形で2005年7月に稼動を開始いたしました。会員の皆様には今後のよりスムーズな運用と継承のために改めてその内容をご連絡させていただきます。

 昨今の国際情勢、エジプトにおけるテロや爆弾事件の発生を踏まえ、かかる緊急連絡網の重要性は今後増すことはあれ、なくなる可能性はないと認識しています。SMS緊急連絡網は万が一の場合の私たち自身の安全を皆で協力して担保する重要な手段の一つと考えております。

 万が一の事態は無いほうが良いわけですが、いざというときには速やかに連絡できる体制を整えることは重要ですので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

1.経緯
 2004年10月のタバでの爆弾事件以来、数度にわたり電話にての緊急連絡を実施いたしました。これらの経験を踏まえ緊急電話連絡網を改善してまいりましたが、会員の不在等の理由により十分に情報が伝わらない、一部の人たちに過大な負担がかかり効率的でない等の問題が指摘されました。これに対し日本人会理事会を中心に議論を重ねた結果、会員の皆様の携帯電話にSMSメッセージを送ることでより効率的な情報発信を行おうという結論に至りました。 

2.SMSとは
 SMSとはShort Message Serviceの略で、携帯電話を利用して文字情報(メッセージ)を送る機能を言います。日本のiモードのE-MAILと似ていますが、インターネットに接続することができず、E-MAILの送受信もできない、携帯電話同士のみのServiceです。ご存じない方はご自分の携帯電話のメニューからmessage機能に入り、お友達に送信してみてください。

 3.会員の皆様へのお願い
 「緊急事態においてSMSによりメッセージを会員の皆様に一斉配信する」との基本方針をご理解いただき、下記ご協力をお願いいたします。

(1)携帯電話番号を日本人会にご連絡いただいていない方は、「緊急時のSMS連絡先」として携帯電話の番号を日本人会事務局にご連絡ください。原則として最低でも各世帯1名の番号を御連絡ください。また、当該連絡先の方が海外出張等でご不在の場合も想定されますのでご家族の携帯電話番号もご連絡ください。

(2)携帯電話番号を既に日本人会にご連絡いただいている方は、その番号を「緊急時のSMS連絡先」として登録させていただきますこと、ご了解ください。

(3)当該携帯電話番号は日本人会および日本大使館が緊急時の連絡においてのみ使用し、それ以外の目的ではいっさい使用いたしません。(すでに日本人会住所録に掲載されている方はこの限りではありません。)

4.運用上の注意点

(1)日本人会携帯電話番号:012-176-****(緊急時のみ使用,パピルスをご参照ください)
(2)緊急連絡の際、流言蜚語を防ぐためには情報の発信元を確認することは重要です。皆様の携帯電話に上記番号を登録してください。
(3)上記日本人会の携帯電話番号は、緊急時においてのみ使用いたします。通常の連絡にはおかけにならないようお願いいたします。
(4)安否確認が必要な事態等において、会員の皆様に返信をお願いすることがあります。SMSでの返信ができることを事前にご確認ください。

5.送信メッセージと対応の具体例
 日本人会は発生する状況に応じ、日本大使館とも適宜相談の上メッセージを流します。以下に具体的な送信メッセージと皆様の対応の例を挙げますので参考にしてください。ただし、実際の状況に応じて下記以外のケースも有りますことをお含みおきください。

(1)レベル1 (危険度が小さく万が一の場合の備えた情報提供。)
①メッセージ例
CAUTION. Small explosion happened at Taharil Square this morning. Please keep away from this area. Nihonjinkai
②対応例
情報を受け取りその内容を把握する。日本人会や大使館への連絡は不要。

(2)レベル2 (日本人が巻き込まれた可能性のある一過性の事件が発生した。)
①メッセージ例
EMERGENCY!! Bombs are exploded at 3 places in Sharm El Sheikh and Naama Bay early AM on July 23. Please confirm your safety and location by returning SMS message. Nihonjinkai
②対応例
上記SMSメッセージに対し、返信のSMSメッセージを送信する。

(例)All of my family are OK at ALX. Osawa

(3)レベル3       (緊急事態が進行中で退避等の可能性がある。)
①メッセージ例
SERIOUS EMERGENCY!!! Large scale riots are expected at several areas. Please stay at home or safe places. Please check FM 90MHz, e-mail from Japanese Embassy and international or local TV, radio for further information. Nihonjinkai
②対応例
自宅等安全な場所にて待機し、日本大使館の緊急時FM放送(90MHz)、e-mailに加えNHKやエジプトのTV、ラジオ等にて情報を収集する。

日本人会理事会


Comments are closed